Krtek‐Journal 

ゆかいなモグラと小さなメガネくん。1歳男子ママの雑記ブログ

MENU

0歳からの乱視治療~メガネとの生活③~周りからの視線

にほんブログ村 子育てブログへ

こんにちはクルテクです。

今日は息子のお昼寝の寝かしつけに1時間もかかってしまいました…。いつもなら30分以内には必ず寝てくれるのに、今日はなぜかテンション上がりまくりで、布団のうえでケラケラ笑って、楽しそうにハイハイしまくって、はしゃいでいまいました。大人だって寝たくない時や、眠くならない時もあるのに、いつものように寝てくれないだけで、私はイライラしてしまいます。

というのも、息子が寝ないと自分の時間を確保出来ないから、です。本当に勝手ですよね。息子にだって、自分のペースがあるのに。私が自分でやりたい事ややらなければならない事をたくさん抱えてしまうから、そう思ってしまうのです。なので、やりたい事をあまり持ちすぎるのも、育児をしていると、そのバランスが難しいな、と思うことがあります。

 

さて、今日も息子がメガネ生活になってから感じたことを書いていきます。

 

まず一つ目は人からの目線です。これは気のせいかもしれませんが、スーパーや公園などで、すれ違う人から見られている気がします。きっと他の人からしたら「おや?この子はまだ赤ちゃんなのに、メガネをかけてる。よっぽど目が悪いのかな」とか「あんな小さいのにメガネかけているなんて、珍しいな」と思っているのかもしれません。(全て私の推測ですが…)

でも実際、0歳から1歳くらいの年齢でメガネをかけている子って、ほとんどいないんですよね。私も息子がメガネをかけるようになったので、周りを見るようになって、“あ、同じ年齢くらいの子でメガネしてる子いた!”と思うくらいなので、本当に数は少ないと思います。

 

また、ある時、息子がなかなか寝なかったので、昼過ぎにお散歩に出かけることにしました。その時は抱っこ紐を使っていました。時間は15時頃で、ちょうど小学生の下校の時間で、皆ぞろぞろと帰路へついていました。そこで、私達の横に小学生3年生くらいの男子2人が来ました。一人の子が、もうひとりに向かって「ねぇ、見て、赤ちゃんなのにメガネかけてるー」と言いました。それを言われてた子は特に何も言っていませんでしたが、私はなぜかあまりいい気持ちがしませんでした。純粋に子供は赤ちゃんがメガネをかけていたことが不思議だったのでしょうね。

それは私に向けられた言葉ではなかったので、私は「うん、そのなの。目が悪いから治療しているんだ」って、その子に教えることも、自分の気持ちを伝えることも出来ませんでした。今度、そういう機会があれば、もっと積極的に話してみようかな…。

 

あとはショッピングモール内にある子供が遊べる施設で息子を遊ばせていると、近くに来た子たちが「どうしてメガネかけてるの?」「メガネかけてるけど赤ちゃんなの?」など、聞いてきます。やっぱり疑問に思うよねと感じ、私や旦那はその子達の質問に素直に答えました。

 

そして、同じエレベーターに乗り合わせた女性からも質問を受けたことがあります。その方が、とても可愛いポメラニアンを連れていたので、私が「かわいいですね」と言うと、その方が「ありがとう♪」と言った後に、息子を見て「このくらいの年齢でもメガネしているとよく見えるのかな?」と聞いてきてくれました。その女性もメガネをされていましたが、やっぱり小さい子のメガネは目立つし、珍しいものだな、と改めて思った経験です。

 

息子はまだ保育園に入っていませんが、入園に向けて保育園に面接に行った際も、メガネをかけている子は見かけませんでした。

 

大人のメガネは何も珍しくないけど、赤ちゃんがかけていると、目立つメガネ。息子にとっては大事なアイテムだし、パートナーでもあるので、息子にはメガネとの良い関係を築いて欲しいなと思っています。

ではまた。

f:id:krtekkun:20220216160349j:plain