Krtek‐Journal 

ゆかいなモグラと小さなメガネくん。1歳男子ママの雑記ブログ

MENU

0歳からの乱視治療~メガネ作り~

にほんブログ村 子育てブログへ

こんにちはクルテクです。

今日も息子の乱視治療について書いていきます。

今回はいよいよ眼鏡を作りにいった時の話です。眼科から紹介してもらった店舗のうち、1件は子供メガネ専門の眼鏡屋さんでした。家からも近かったので、そちらに向かうことにしました。予約が必要なのか問い合わせると、特に必要ないので来れる時にいらしてください、という事でした。

早速11時の開店に合わせていくと、既にもう1組の方がいらっしゃいました。意外とお子さん用のメガネを作られる方も多いのかな、などと思いながら店内へ。

 

お店に入るとすぐにベテラン風の店員さんが対応して下さいました。慣れた様子で色々と説明をして下さり、私達も安心できました。不安やことや分からなかったことも全て質問できて、すっきりしました。

 

メガネ作りの流れですが、眼科から渡された眼鏡作成の指示書を店員さんへお渡しし、状況を説明。その後、年齢にあった、選べるフレームをいくつか見せてもらいました。やはり子供向けのメガネ専用店だけあり、けっこうカラフルなフレームが多かったです。ですが、あまりメガネが強調されるようなデザインだと、なんとなく私が違和感を感じてしまうので、数個試した後、薄いブラウンの縁取りで、テンプル(横の棒)のところが茶色の比較的シンプルなものにしました。これなら服もそれほど選ばないかなと思ったので。

そして、いざ息子に試着!

息子にかけてみると、すぐに嫌がって外すかな?と思いましたが、意外にもしばらくかけている…! ですが、この時は少し眠そうだったので、何をされているのが訳が分かっていない様子でした。

まあ、でもこのタイプで問題なさそうなので、顔のサイズに合わせて、眼鏡を調整してもらい、レンズを選びました。

 

このレンズを選ぶというのが、度数のあるレンズを付けるので、どうしてもメガネをかけると、裸眼の時よりも目が大きく見えるのです。それをいかに自然に見せるか、という具合で、レンズの値段に差がありました。私達は出来るだけ自然な見た目がいいよね、という事で少し予算をあげ、見た目が自然になる方のレンズを選びました。

それでも実際にかけると、漫画のキャラのように目が大きく見える!!!

が、これはこれで意外にも可愛いので良しとしました。

 

ちなみに今回、息子が作成した眼鏡はトマトグラッシーズ(TOMATO GLASSES)という種類の眼鏡です。特徴として眼鏡のズレ落ち防止のために鼻パッドの高さが調整できるようになっています。(店員さんがやってくれました)そして、テンプル部分がかなり柔らかく、子供がガンガンひっぱってもよっぽどのことでないと、壊れません。グニャグニャする感じです。またテンプルの調整も細やかに設定されているので、子供の頭まわりのサイズに合うように調整ができ、耳にも負担がかかりにくい、ということです。そして、専用のバンドもついてくるので、これをテンプルにはめて、頭の後ろで固定して、メガネが外れないようにするのです。その他に、備品として調整用ドライバー、耳のパーツ、鼻のパーツなども付いてきました。

 

この時に息子が作成したレンズの詳細は下記です。(紫外線カットオプションも付けました)

販売名:セイコーエーゾーン1.67 UV

度数(右):S+3.25  C=2.50  AX180  クリアレンズ SRC2 UVP 中心厚2.4㎜

度数(左):S+3.00  C=2.25  AX180  クリアレンズ SRC2 UVP 中心厚2.3㎜

 

そしてお値段ですが、メガネ本体の値段は16,500円~なのですが、レンズの値段が結構高かったです。レンズ代も入れて大体55,000円ほどかかりました。しかし、ここから未就学児の場合には保険から8割給付、公費から2割給付されるので、38,900円ほどが保険でまかなえます。ですが、それでも15,000円ほど足が出たので、息子には大事に使ってほしいと思います。

 

こうして息子のメガネが完成しました。ですが、すぐに受け取り、という訳にはいかず、完成まで1週間かかるとのことなので、一週間後に受け取りにいきます。

さあ、息子のメガネ生活はどうなるのか…。

続きます。

f:id:krtekkun:20220212174051j:plain

息子の実際のメガネです。