Krtek‐Journal 

ゆかいなモグラと小さなメガネくん。1歳男子ママの雑記ブログ

MENU

0歳からの乱視治療~メガネを作るまで③~

にほんブログ村 子育てブログへ

こんにちはクルテクです。

さて、今日も引き続き息子の乱視治療について書いていきます。

眼科での初診から1週間が経ち、再度受診しました。正直この1週間は息子に目薬をさすのが苦痛でした。もちろん、必要なことだとは分かっていますが、0歳なのでじっとはしていられませんし、怖がって嫌がるし、危うく目薬が口に入りそうになってしまうこともしばしば…。まあ、目に訳がわからないもの入れられるなんて怖いですよね。息子の気持ちはよく分かります。

そして、いざ眼科での再検査へ。眼科では再度同じ点眼薬をして、しばらく待ち、再び眼のスクリーニング検査を行いました。

 

結果が出るまでドキドキ…。息子はわりといい子で抱っこされたまま待合室で待っています。

 

ついに、いよいよ呼ばれて先生の元へ。

しかし、残念ながら視力に変化はなく、やはり眼鏡による乱視治療が必要とのことでした。先生曰く、子供の視力は8歳までに決まり、6歳までに裸眼で1.0が出るように目指すということでした。眼鏡で視力を矯正して、正しい像を脳に送らないと脳の発達にも良くないし、しっかりと治療を行わないと弱視になってしまうこともある、ということでした。

 

先生がおっしゃった“しっかりと治療しないと、弱視になってしまう可能性もある”という言葉は私にはとても怖く、重く感じました。息子が乱視だと知り、落ち込んでいた私でしたが、早くに問題を見つけて下さった小児科、眼科には本当に感謝したいと思いました。

 

こうして、結果として息子は眼鏡を作ることが決定しました。

 

0歳でメガネをかけさせるのは難しそうだなと思い、相談したところ、はじめは何度も取ってしまうと思いますが、1週間もすれば慣れてきますよ、という事でした。根気よく向き合っていくしかないようです。

また、メガネの作成にあたり、ある程度の金額は保険でカバーできるはずなので、会社に確認して下さい、という事でした。子供用の眼鏡が作れるお店を2件ほど紹介してもらい、作りにいくことになりました。眼科から弱視等治療用眼鏡等作成指示書という書類を発行してもらったので、それを持ってお店に行くことになります。

 

私自身が乱視も入った近視のため、遺伝で息子も眼が悪くなってしまったのかな…と思い、先生に聞いてみました。ですが、実際には遺伝というよりも、眼の形によるものだということです。つまり息子の眼球は完全な球体ではなく、少しだけ楕円形になっているのが原因のようでした。ちなみにこの時の息子の数値は次の通りでした。

右視力=(0.2 x S+3.25 = C-2.50 Ax 180)

左視力=(0.2 x S+3.00 = C-2.25 Ax 180)

まあ、数値だけ見ても素人の私にはよく分かりませんが、何かの参考になればと思い書いておきます。

次回はいよいよ眼鏡を作りに向かいます!

f:id:krtekkun:20220211154328j:plain