Krtek‐Journal 

ゆかいなモグラと小さなメガネくん。1歳男子ママの雑記ブログ

MENU

缶をたずねて三千里

にほんブログ村 子育てブログへ

今週のお題「わたしのコレクション」

 

こんにちはクルテクです。私のコレクションはズバリ「お菓子の缶」です。

f:id:krtekkun:20220314003913j:plain

私は缶が好きすぎて、缶目当てでその商品を買うことがよくあります。中身が何のかは、それほど問題ではありません。見た目のデザインが全てです。見た目が可愛いければ、それでオールオッケー!即決です。心がときめいたら、買うことに決めています。では、早速私の愛すべきコレクションを紹介します!

<海外篇>

スイスのリンツチョコレート(Lindt)の缶

f:id:krtekkun:20220314093454j:plain

こちらはスイスに旅行した際、購入したリンツ社のチョコレート缶です。

以前こちらの記事で紹介したリンツチョコレートの缶ですね。

www.krtek-journal.com

シルバーの缶はスイスのシンボルでもあるマッターホルンが描かれています。そして二つに共通しているのはスイスの国花であるエーデルワイスのデザインです。とても可愛くて、見た瞬間に心を奪われました。シルバー缶は裁縫用のワッペン入れに。ハート型は使われる日を待ちながら、押入れで待機しています。

南アフリカのネルソンマンデラ氏がプリントされた紅茶缶&アフリカペンギン缶

f:id:krtekkun:20220314093440j:plain

左に写っているのは南アフリカからのお土産で頂いた、ネルソンマンデラ氏がプリントされている缶です。元はルイボスティーが入っていました。マンデラさんの笑顔がいい味だしてますよね。ブルーのほうは私がケープタウンのテーブルマウンテンにて、購入したものです。アフリカペンギンがプリントされていて、レトロな雰囲気が好きです。

アメリカのラスベガスのカジノボード缶

f:id:krtekkun:20220314093443j:plain

カジノのボードを模した薄めの缶です。こちらは1枚の大きなチョコレートが入っていました。ラスベガスには行ったことがないのですが、カジノの陽気な雰囲気が感じれるデザインですよね。これはほとんどモノが入りませんが、可愛いので取ってあります。

<日本篇>

缶好きの鉄板!赤い帽子のアソート缶

・赤い帽子青缶

f:id:krtekkun:20220314093451j:plain

この缶の青色と女の子の赤い帽子のコントラストがとても好きです。女の子の横顔もクラシックで、個人的にどストライクのデザインです。恐縮ながら、中身のお菓子はどんなものか全く知らずに購入したのですが、どれも普通に美味しいかったです。

・赤い帽子ピンク缶

f:id:krtekkun:20220314093448j:plain

こちらは某ショッピングモールにて、ふいに出会ったピンク缶です。このくすんだ色がまた、可愛いのですよね。本当に赤い帽子さんのデザインは缶好きのマニアのツボをよく理解していらっしゃる…!こちらのピンク缶は現在、マスキングテープ入れとして使っております。

メリーチョコレートの缶

f:id:krtekkun:20220314094515p:plain

そして、忘れてはいけないのがメリーチョコレート!これは確か、昔に母がくれたものでした。真っ赤な缶に、タータンチェックがプリントされているデザイン。そして、この程よい大きさの四角い缶。チェック好きでもある私には、もうたまらないデザインです。こちらは裁縫道具入れとして、使用しています。

<季節限定版>

ヨックモックのクリスマス限定缶(2021年Ver.)

f:id:krtekkun:20220314094839p:plain

季節限定の缶って、買おうか買うまいか悩んでいるうちに、売り切れとなってしまうことがあります。以前、ヨックモックとアナスイがコラボした商品があり、そのデザインがとても可愛かったのですが、瞬く間に完売してしまい、手に入れることが叶いませんでした。なので、昨年のクリスマスには早めにチェックして、クリスマス限定缶を3種類全て購入しました。実際手にして見ると間違いなしに可愛かったので、追加購入して、友人にあげたり、妹にあげたりしました。そして、私の手元に残っている缶がこちら…♪これには陶器でできたサンタクロースの置物を入れています。

缶との出会いは一期一会だ

缶は見た目の通り、結構嵩張ります。それなのに買うのをやめられません。なぜなら、その時に買わないと、ほとんどの場合、そのデザインは二度と手に入らないからです。旅行先だったり、デパートだったり、ネットだったり、缶と出会う機会は色々とありますが、私はこれからもまだ見ぬ素敵な缶との出会いを求めて、缶を探す旅を続けます。

 

それでは、また!