Krtek‐Journal 

ゆかいなモグラと小さなメガネくん。1歳男子ママの雑記ブログ

MENU

【口コミ&体験談】ホットヨガLAVAの体験レッスンに行ってみました

にほんブログ村 子育てブログへ

こんにちはクルテクです。

 

ホットヨガLAVA気になっているけど実際のレッスンってどんな感じなんだろう?めちゃくちゃ勧誘とかされそうで心配なんだよね。

 

という方へ向けて、実際にホットヨガLAVAの体験レッスンに行ってきた私がレポートをします。

 

この記事を読んで分かる事

  • ホットヨガLAVAの体験レッスンの内容
  • ホットヨガLAVAのメリット&デメリット
  • ホットヨガLAVAの勧誘の実態

 

 

 

 

LAVAの体験レッスンの流れ

ヨガ, フィットネス, エクササイズ, 健康, 体, 瞑想, ピラティス, 細長い, ライフスタイル, 女性

【当日のスケジュール】

  • 食事はレッスンの2時間前までに済ませておく
  • 予約時間の30分前までに店舗に到着必須
  • レッスン前の説明&体調確認
  • 着替えてレッスン開始
  • レッスン後希望であれば入会手続き
  • 必要であればシャワーを浴びて着替えて終了

※↑これ全て終えるまでに私の場合は2時間30分ほどかかりました。結構長いですよね。

 

体験談レッスンは事前に説明を聞く必要があるので、レッスン開始の30分前までに店舗に到着している必要があります。実際に体験レッスンの予約完了メールにも下記のように注意書きが明記されています。

 

【お客様の体調面や安全なレッスンをご提供させていただくために、30分前を過ぎてのご来店は、ご受講をお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。】

※この点で注意をしたいのが30分前には必ず到着していなくてはいけないという事です。

 

体験レッスンの持ち物

【自分で用意するもの】

  • 替えの下着
  • 替えのマスク(レッスン中もマスク着用で行います)
  • 体験料金(※料金はその時期によって異なります)
  • シャワーを浴びる場合にはシャンプー&ボディーソープなど必要な方は持参

【LAVA側で用意してくれるもの】

  • レンタルウェア上下
  • レンタルフェイス&バスタオル各1枚
  • お水1リットル
  • ヨガマット
レッスン前にアンケート&フロントのスタッフから説明を受ける

 

店舗に到着したらレッスン前にフロントスタッフからLAVAについて説明を受けながら、個人情報の記入と簡単なアンケートに答えます。

 

何の目的でホットヨガを検討しているのか?という問いに対して、私は「姿勢矯正」と「ダイエット」と答えました。

 

すると具体的な目標はどれくらいの体重減少ですか?聞かれたので、マイナス3キロですねと伝えたら「3キロほどであれば週に1回通えば食事はそのままで、3カ月ほどで体重が落ちると思いますよ」と具体的な期間を伝えてくれたのが好印象でした。

 

そして実は体験レッスンではありながらもオプションがあり、ここではじめの勧誘をされます。オプションの内容は下記の2つです。

  • 発汗を促すドリンク+レッスン後に飲むゼリー+夜寝る前に飲むコラーゲン(1400円ほど)
  • 発汗を促すドリンク+レッスン後に飲むゼリー(840円)

 

 

私は正直、両方(ん?いる?‥‥)って思いました。

 

それにどっちもかなり高くない?とも思いました。

 

 

でもインストラクターのお姉さんが「レッスン後の身体は栄養を吸収しやすくなっているので、最初に摂られる食事は気を付けてもらいたいんですよね」という一言に押されて、私は2番目のオプションを購入しました。

 

 

(え、買ったの?!って思いましたか?

 

 

はい。買ってしまいました…。

 

 

もしも何もいらない場合にははっきりと断りましょう!

 

f:id:krtekkun:20220416145537p:plain

↑こちらの商品はいずれもLAVA自社製品なので割高です。

生姜ドリンクはフルーツ味の中に生姜が混ざっているような味でしたが、飲みやすかったですよ。これのおかげでレッスン中の発汗もより促された感じはします(たぶん)。

 

もう一つのゼリーはウィダーのような感じですかね。まあよくあるフルーツ系のゼリー飲料という感じでした。可もなく不可もなく。

 

着替えてレッスンスタジオへ

女性, ヨガ, フィットネス, ストレッチ, ポーズ, アクティブ, フィット, 女の子, ウェルネス

レンタルウェアは黒の膝丈の半パンに黒のTシャツでした。(トップスはTシャツかキャミソールで選べると聞いていましたが、なぜか選べませんでした)

 

ロッカールームから、洗面台、トイレ、シャワールームへと移動する導線はしっかり出来ていました。ドライヤーも設置されています。ちなみにロッカールームの鍵はレッスン中も自分の目の前に置いておきます。

 

スタジオが解放されたら中に入ります。ホットスタジオの中は室温30~38度、湿度50~60%に設定されています。(行ったことはないけど)熱帯雨林の中で運動している感じでした。じっとりとした暑さがあります。

 

体験レッスンの場合にはインストラクターの目の前か近くに専用のマットが敷いてあるのでそこでレッスンを行います。インストラクターはずっと同じ位置にいる訳ではないので、それほど緊張せずに出来ます。

 

レッスン開始

ヨガ, いい結果, 女性, 女の子, ピラティス, 瞑想, リラクゼーション, エクササイズ, フィットネス

インストラクターの方が入場されて受けるクラスの説明をしてくれます。はじめにこのクラスを受けるのが初めての人とか、久しぶりの人とかを確認してくれます。

 

私が受けたのは「ヨガビギナーの60分レッスン」でした。ビギナーとは銘打っているものの結構足や腕などに負荷がかかるポーズが多く、全身にじっとりと汗をかきました。

 

ヨガビギナーのクラスでは「鼻から吸って鼻から吐く」という呼吸を始終意識して、呼吸をゆっくり行うように声かけをしてくれます。スタジオ内はリラックスできる音楽と程よい暗さでとても心地よい空間になっています。

 

そしてよくとおるインストラクターさんの声で、やる気が爆上りします。私は(よっしゃー!頑張って瘦せてやるぜ!)と闘志に火がつきました。

 

そして優しいインストラクターさんが時々言ってくださる「皆さんナイスキープです!」の言葉に励まされ、60分間楽しく、気持ちよく終えることが出来ました。

汗をたっぷりかいて綺麗な身体に♪ホットヨガLAVAの体験レッスンはこちらから

 

レッスン終了後

水, 水分補給, 手, 第人, 喉が渇いた, 削除する Sed, 健康的です, 飲む, 健康, 自然, トイレ

レッスン終了後、他の方は慌ただしくスタジオを出ていきます。でも体験レッスンの私はなんとその場で「少しお待ちくださいね」と言われ、シャワーも浴びていない汗をびっしょりかいたままの状態で、インストラクターさんが資料を持参してコースの説明が始まります。

 

これが噂に聞いていた勧誘です。私は実際に体験して内容が良ければ入会したいと考えていたので、月4回のコースに入会を決めました。

 

その他には物販の勧誘もありました。特にLAVAはヨガマットのサイズが145㎝×61㎝のサイズを推奨しています。もしLAVAのマット以外のものを使用する場合には折って使う必要があるとのことでした。

 

しかしLAVAのヨガマットは一般的なものよりも小さめで、私は自分のヨガマットを持っていたので商品は何も買わずに断りました。もし購入を検討される場合には特別価格が設定されている場合が多いので、体験レッスンの際に購入するのがお勧めです。

 

果たしてこれから、自分のマットでも問題なく通えるだろうか…?

 

やっとこさシャワーを浴びる

浴, バスルーム, 明るい, クロム, 綺麗, 寒い, いいね, 飛沫, 滴, フロー, 頭, ホット, 液体

もしも体験して内容がきつすぎると感じたり、レッスンの雰囲気が合わないと思った場合にはシャワーを浴びながらよく考えてみるのがいいと思います。

 

備品についてもLAVA専用品でなくとも安く買えるのですが、マットなどはの大きさが違うので混雑時には注意されてしまうこともあるようです。

 

最終的に私はヨガマットの購入はやめ既に持っているものを使用してみることにしました。果たしてどうなるだろうか。

 

LAVAのコース料金詳細

ヨガ, ヨガマット, 色とりどり, カラフル, スポーツ, マット, 動く, ストレッチ, スタック

2022年4月現在は150円で手ぶら体験レッスンが出来ます。それに入会手続きをする場合には施設使用料2,500円が別途必要となります。

 

事前に用意するものは着替えの下着とマスクと不要な勧誘を断る強い意志です。

汗をたっぷりかいて綺麗な身体に♪ホットヨガLAVAの体験レッスンはこちらから

 

ちなみに2022年4月末までに申し込む場合はどのコースを希望しても、自動的に3カ月間は月額2,200円で①タオルレンタル、②水素水飲み放題、③LAVA安心サポート(優待サービス&保険サービスが組み合わったもの)が無料でついてくるコースになります。

 

この3カ月が過ぎると自動的に一番料金が高いコースに切り替わってしまうので、それまでに不要なオプションは外す必要があります。また使用する店舗によってコースの料金が異なるので、希望の店舗がある場合には事前に調べておくと安心です。

 

 

 

LAVAの体験レッスンの口コミ紹介

ヨガ, エクササイズ, フィットネス, 女性, 健康, 力, 体, リラクゼーション, スポーツ, 瞑想

LAVAのスタッフは確かに勧誘にものすごい熱量を入れて挑んできますので、買う気がない、もしくは入会しない事がはっきりした場合にはすっぱりと断りましょう。

 

ただLAVAはよく街中で店舗を見かけるように、全国に430店舗以上もあるので人気が高いことも事実です。

 

では実際にどんな口コミがあるのか見てみましょう。

 

【良い口コミ】

1年で6kg減

会員の紹介で体験後入会しました。 ■以前通っていた常温ヨガでは、体の変化が無かったので期待していませんでしたが、食事制限なしで体重が落ち、お腹まわりがスッキリして感激です。 ■LAVAの商品は高いですが、私には効果が出ているので物販は買いがちです。勧誘しなくても買うので、買わない商品に関しては「興味が無い」と思われるのか、勧めてきません。 ■スタッフや設備の良さは、店舗によります。会員がまだ居るのに終業作業をして、退店する際、スタッフが受付に居なかった店もありました。 ■巧妙に意地悪をしてくるインストラクターも居ますが、最近は異動が多いので、他店を利用している内に居なくなります。(引用元:https://minhyo.jp/yoga-lava

【悪い口コミ】

物品販売

 ヨガをやりたくて、通いたいのに色々と物品を進めて来る。これからは、要らないとはっきり断る事にします。(引用元:https://minhyo.jp/yoga-lava

密が気になる

先生方、スタッフ皆さん親切です。 ただ、人数制限などしていないのか時間によってはかなりの密です。 ロッカールームも間隔が激狭で、同性とはいえ近くで着替えるのに抵抗も少なからずあります。 受付付近のガチャガチャした感じ(物が多い?)は居酒屋みたいです。 スタジオは良いのに、少し残念。(引用元:https://minhyo.jp/yoga-lava

LAVAのメリット&デメリット

実際に私が体験レッスンを受けて感じたメリットとデメリットを紹介します。

【メリット】

  • 様々なコースがあるので自分にあったコースで無理なく通える
  • 駅に近い店舗も多いので職場からの帰宅前などに行きやすい
  • レッスン後の爽快感が半端ない

【デメリット】

  • 物販の勧誘がすごい熱量で行われる
  • 契約についての解約方法やペナルティなどについてマイナス面は一切伝えてくれない
  • レッスンの度にヨガマットやタオル、飲み物などを持参する必要があるので荷物が多くなる

LAVAの体験レッスンまとめ

ヨガ, アーサナ, スポーツ, 瞑想, エクササイズ, ポーズ, 態度, リラクゼーション, 女性

確かにLAVAは噂されているように「勧誘は強め」だったと思います。対策としては入会を希望する場合には自分が通いたい店舗の料金とコースをよく調べておくことです。

 

もし体験レッスンに行き「これはキツイ!」「お店の雰囲気が合わない」と思ったなら、はっきりと断りましょう。スタッフの方も仕事で営業しているのできっぱりと断ればそれほどしつこくは言ってきません。

 

繰り返しますがLAVA専用品の商品は市販のものより高いです。

 

なのでヨガマットなどを持っていない方はどれくらい市販のものと値段の差があるのか、購入するかどうかも含めて事前に検討していくおくことをお勧めします。

 

私は事前に気になっている特別価格のコースについて調べていたので、それに付随するペナルティの条件について色々と質問して確認しました。

 

ただこのようなマイナス面を一切説明してくれなかったのはユーザーとしては不安要素となりました。

 

そして気になる解約方法は入会したメインの登録店舗にに退会希望日前月の15日までに会員証をもって手続きに行く必要があります。メールや電話では退会できないので、最後のレッスンの際に解約手続きという感じになります。

 

ですが全体を通じてインストラクターの方は明るく、優しいです。

 

レッスン自体はとても心地よいものでヨガビギナークラスでも十分に体幹が鍛えられ、姿勢矯正や肩こり解消が期待できると思いました。

 

とりあえず試してみたい!と言う方は鋼の意志があれば、150円で体験できるのでトライしてみてください。

 

汗をたっぷりかいて綺麗な身体に♪ホットヨガLAVAの体験レッスンはこちらから

 

 

これから続けてみて、効果が出るか検証してみます。

 

 

では皆さまも良い時間をお過ごしくださいませ。

 

それではまた!